健康一番地

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣りとバッファアンダーラン

<<   作成日時 : 2007/10/28 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

釣りにいってきました。なんと船釣りです。毎年1回はタチウオを釣りに、海岸をうろうろして丸坊主な結果でも満足して帰ってくる「なんちゃって釣り師」ですが、今回はちょっと本気です。7人で船を貸切、8時間ずっと魚のいるところをぐるぐる船でつれてってもらって、タイやアジを釣るんです。これで釣れないなんてことはありません。

当日のスケジュールは参加した女性、わたしを含む3人は
夜6時からテニスの試合で4試合プレー
試合終了が10時30分
その後食事をして釣りにいくメンバー(男性4人)と合流、車で海に向かって出発。夜中の2時に釣り場に到着。2時間仮眠のあと船に乗って釣りに出発。
朝4時から昼の12時まで釣り放題!

……とまあ、夜にテニスしてほとんど徹夜状態で船に乗って釣りしたわけですが、20代ならともかく30代でこんな強行スケジュールはやるもんじゃありません。
徹夜明けの次の次の日も体がだるくて眠たくて、歳を考えた釣りプランをチョイスするべきだったと心底後悔しました。
釣りタイムの後半3時間くらいは釣竿を両手で持って頭をたれてグースカねてました。
ちなみに船に乗り代一人12000円です。

そんなわけで船で酔って、三回ゲロゲロして、寝不足のまま帰りの車の運転をしてもらったダー(※注)に感謝の意をこめて、「船酔い」について調べてみた。

乗り物酔いが起こるしくみ
乗り物の振動や加速、体の傾斜などの刺激は内耳にある三半規管でとらえられます。するとこの情報が脳から眼球に伝えられて、眼球も頭の位置と協調して動くように指示されます。頭が右を向けば、自然に目も右を向くといった具合です。ところが、ここで予想外の情報、たとえば右を向いたはずなのに天井が見えるなど、頭の位置と目から入る情報がズレて混乱すると乗り物酔いが起こります。

乗り物酔い

頭と眼球の位置情報のズレを脳みそが処理しきれなくなって、酔いがおこる・・って、それは
「ダーの脳みそはバッファオーバーランをおこしていたのでは?」
と大きな声で指摘してみたが、よくよく調べてみるとわたしの言いたかったのは
「バッファアンダーラン」が正しかった。とほほ。

んで釣果はわたし:アジ(50cmくらいあった)・タイ(小さい)・謎の魚の3匹
ダー:謎の魚2匹
全部それぞれの実家にプレゼントしたからなんにも食べてない。


バッファアンダーラン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
くまも船釣りの経験があります。船酔いを防ぐには水平線を見るといいそうです。すると船の揺れの認識が合致するということでしょうか。船の縁(へり)を見ていたり、竿先だけを見ていたりすると、目からの情報では揺れの程度がわからず、平衡感覚は揺れを感じて矛盾が起きる、ということらしいです。だから船酔いになって船室で横になって休むのは、逆効果になる場合があります。
また、徹夜明けのような体調でも起きますよ(笑)
くま
2007/10/28 17:36
くまさんこんばんわ〜
くまさんが釣りとはちょっと意外〜
くまさんってアウトドアのイメージないから・・

船で酔うと釣りどころやなくなるから、今回は酔い止めの薬のんだ。おかげで酔わなかったけど、ものすごい睡魔に襲われた・・。酔い止めには睡眠薬が入ってるらしい。。

でも楽しかったからいいや。
健康一番地
2007/11/03 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内検索
Twitterで会いましょう〜
dosvokusanをフォローしましょう
釣りとバッファアンダーラン 健康一番地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる