健康一番地

アクセスカウンタ

zoom RSS うるう年とユリウス・カエサル

<<   作成日時 : 2008/02/29 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、頭の中がカエサル色に染まっている。
なんでカエサルなのかというと、毎年恒例の「ローマ人の物語」を読んだからではなく、
海外ドラマ「ROME」を全話見たからなのだった。
http://www.wowow.co.jp/drama/rome/

んで、ドラマを見てると、塩野七生の「ローマ人の物語」に書いてあったことと違うくね?(ドラマだから違ってあたりまえ)
とぼやっとした頭でなんとなく思ったので、本を出してきてちょっと読み返してみた。

んで、本を読み出すとドラマのことはすっかり忘れて、カエサルが暦の改定(太陰暦から太陽暦にかえた)をした、というところを読んで、あーうるう年を作ったのはカエサルだったんだ〜
と、また頭の中のカエサル色の濃度を上げてしまった。

カエサルが暦を改定する直前、暦の上の季節と実際の季節の間は3ヶ月近くずれてたらしい。
だもんで、太陽暦(ユリウス暦)をはじめる前の年は、季節を合わせるために1年が15ヶ月あった。11月と12月の間に3ヶ月挿入月があったのだ。3ヶ月ですよ、3ヶ月。3ヶ月余計に働かないとお正月がこないなんて、サラリーマンにはつらすぎます。

1年は365日と6時間、と当時は計算されていたので、1年ごとに生じる6時間の誤差を4年に1度清算する、ってことでうるう年ができたわけですが、3ヶ月の挿入月のことを思うと、この1日は「まーなんてことないや」という感じですかね。

1627年後、1年は365日と5時間と48分46秒であるとわかって、今のグレゴリウス暦になったわけですが、1627年間ユリウス暦が使われていたという事実が
「カエサルすげ〜」
ってことなんだなあ。あ、また濃度上がった。


そんな感じで、4年に1回ある「たった1日」なので、なにか「得しちゃった〜」的一日を過ごせたらいいなあと、

ちょっと思った2月29日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サイト内検索
Twitterで会いましょう〜
dosvokusanをフォローしましょう
うるう年とユリウス・カエサル 健康一番地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる