健康一番地

アクセスカウンタ

zoom RSS iBooks Authorで電子書籍をつくってみようと

<<   作成日時 : 2012/01/22 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電子書籍をつくれる。それも超簡単に。
ってゆー感じがしたので、AppleのiBooks Authorで電子書籍をつくろうと試みました。
ほんと試みたけど、、なんとゆーか・・道のりが険しすぎる。

まずは基本のハナシ。
iBooks Authorとは
iPad/iPhoneでみるための電子書籍をつくるツールなんです。
Mac専用です。

iBooks Authorは無料なのでウホウホしながらダウンロード。
インストールしようとすると、Mac OS X 10.7.2以降に対応なのでインストールできません、といわれたのでしぶしぶOSをアップデート。Lionをインストール。


iBooks Author立ち上げる。さっそくなんか作ってみようとテンプレートから新規作成。
「ここにムービーをドロップ」ってかいてるとこに、手元にある適当なファイルドロップしたら「これは対応してない」って・・aviもflvもダメらしい。

ヘルプをみてみる
使用できるのは、M4V ビデオファイルと M4A オーディオファイルのみです。その他のタイプのファイルは「QuickTime」または「iTunes」を使って変換できます。HTML ウィジェットについては(HTML Dashboard ファイルにビデオやオーディオが含まれている場合)、推奨されるファイルフォーマットは MP4 ビデオファイルと M4A オーディオファイルです。

あー。変換しないとダメなのねー

次に画像を貼り付けてみる。ヘルプには
対応フォーマットは
イメージファイル:JPG、JPEG、PNG、GIF
参考:推奨されるファイルフォーマットは JPG です。透明を含むイメージの場合は PNG が推奨されます。

ってかいてるけど、.psd(Photoshop)と.ai(Illustrator)のデータはドロップできる。
PDFもドロップできるけど、最初のページだけみたい・・

まあ、なんやかやデータもはりつけたので、「プレビュー」って押したらiPadを接続してくださいってでた。iPodいるなあ。。いるよなあ。。でも自分用のiPad持ってないし。Macでプレビュー見れるのかどうか試したけど、どーもできなさそう。(´ε`;)ウーン…


今度は「公開」ってボタンを押してみた。
iBooksstoreで公開する手順とかでてきた。なんか販売者アカウントとって契約するとか。けっこう('A`)マンドクセ
以下、ヘルプに書いてある手順

ブックを iBookstore に送信することによって、ブックを公開してダウンロードすることを要求できます。

ブックを iBookstore に公開するには、次の操作を行う必要があります。

iBookstore 販売者アカウントを作成する。

「iTunes Producer」をダウンロードする。「iTunes Producer」は、ブックを iBookstore に送信するためのアプリケーションです。iBookstore 販売者アカウントを作成したら、iTunes Connect にサインインして「iTunes Producer」をダウンロードできます。

有効な契約を結ぶ。詳しくは、iTunes Connect にサインインして「Contracts, Tax, and Banking」を参照してください。

サンプルブックを作成する(下記参照)。読者は、サンプルブックを見てからブックを購入するかどうかを決めることができます。ブックの中でサンプルに含める量と正確な内容を決めたら、ブックと一緒にサンプルを送信します。

公開するブックのサイズが 2 GB(iBookstore でのファイルサイズの上限)以内であることを確認します。以下の公開手順で、ブックのファイルサイズを確認する方法について説明します。ほかにも、ファイルサイズに関して以下のような注意事項があります:

3G ネットワークを使用する読者は、20 MB を超えるブックをダウンロードできません。

ファイルサイズが大きいほど、ダウンロードに時間がかかります。ダウンロード時間を最適化するには、ブックファイルのサイズを常に 1 GB 未満にします。


iBookstore に送信されたブックは、Apple 独自の FairPlay DRM(デジタル著作権管理)システムによって保護できます。これにより、許可されていないブックの複製が防止されます。

参考:HTML ウィジェットで取り込まれるムービーとオーディオは、DRM では保護されません。

ブックを iBookstore に送信しない場合でも、ブックを書き出して自分で配布できます。

重要:ブックを自分で配布する場合は、iBooks Author ソフトウェア使用許諾契約のガイドラインを必ず確認してください。この契約を表示するには、「iBooks Author」>「iBooks Author について」と選択し、「使用許諾契約」をクリックします。


「自分でブックを書きだして配布する」ってゆーのを読んでみる。iBooksフォーマットで書きだして・・・やっぱりiPadで見るんかいっ!iOS5じゃないとだめとか、まあ、なんか大変ですなあ

iBooks フォーマットで書き出す
ブックが開いている状態で、「共有」>「書き出す」と選択し、「iBooks」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

ブックの名前を入力し、保存したい場所を選択して、「書き出す」をクリックします。

ブックを iPad で表示するには、「iBooks」App と iOS 5 がインストールされていることを確認して、以下のいずれかの操作を行います:

iPad の「メール」でブックを受信した場合は、そのファイルをタップします。

コンピュータでブックファイル(拡張子 .ibooks)を「iTunes」ウインドウにドラッグし、iPad と同期します。詳しくは、iTunes のヘルプを参照してください。



使用許諾はPDF(日本語は20ページ目から)なんですけど
文字数多くて眠たくなったのでもう寝ました。

わかったことは、このiBooks Authorを使うには
Mac(Mac OS X 10.7.2以降)
iPad(iOS 5)
が必要で
iTunes
QuickTime 10.1以降
とかも場合によっちゃー使います
そして、
電子書籍にするためのコンテンツを持ってる

という、条件をクリアーしないとダメなんだね・・


ちょっと道のり、厳しすぎないか…?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サイト内検索
Twitterで会いましょう〜
dosvokusanをフォローしましょう
iBooks Authorで電子書籍をつくってみようと 健康一番地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる